秋イメージ

現在の位置:ホーム > よくある質問 > 住民経済部 > 国民健康保険課 > 交通事故で負傷したので、その治療に対して、健康保険の給付を受けられますか。

よくある質問

交通事故で負傷したので、その治療に対して、健康保険の給付を受けられますか。

交通事故などの第三者の行為により負傷したときは、その第三者(加害者)が自己の損害賠償の責任の度合いに応じて、被害者の医療費等を負担することが原則となりますが、被害者救済の観点から、その治療に際して、国民健康保険(国保)や後期高齢者医療制度などの健康保険を利用して、給付を受けることができます。

なお、交通事故などの第三者の行為による傷病等のために、国民健康保険又は後期高齢者医療制度を使うときは、被害者(被害者が国保加入者である場合は、被害者が属する世帯の世帯主)は届出の義務が生じますので、加害者の氏名や住所(又は居所)、被害状況について、印鑑や被害者の被保険者証(保険証)をご持参の上、速やか国民健康保険課の窓口までお越しください。

また、被害者が職場の健康保険などの加入者である場合は、国保等を利用する際の手続きと同様の手続きが必要となりますので、職場の健康保険などへの手続きに必要なものにつきましては、ご加入の医療保険者へご確認ください。

お問い合わせ先

住民経済部 国民健康保険課
電話:0276-63-3111(代表)
お問い合わせフォーム