秋イメージ

現在の位置:ホーム > 組織別索引 > 都市建設部 > 都市整備課 > 離職者等住宅維持支援事業

離職者等住宅維持支援事業

更新日:2020年5月21日

大泉町では、新型コロナウイルス感染症の影響により派遣切り・雇い止め・内定取消等にあった人の属する世帯の居住の安定を確保するため、町内の民間賃貸住宅に入居している世帯に対して家賃を助成します。

離職者等民間賃貸住宅家賃等助成金

助成の対象となる世帯

新型コロナウイルス感染症の影響により離職者等となった人の属する世帯であって、次のいずれにも該当するものが対象になります。

  • 町内在住世帯
  • 離職等にあった時から継続して町内の民間賃貸住宅に居住していること
  • 離職等にあった日から起算して30日を超えて就職をしていないこと
  • 生活困窮者住居確保給付金の支給を受けていないこと。生活困窮者住居確保給付金について詳しくは次のページをご確認ください。

助成内容

1か月あたり10,000円(上限3か月)

申請から助成までの流れ

離職等にあった日から起算して30日以上経過後に、必要書類を添えて交付申請書を提出してください。町で審査した後、交付決定通知を発送してから助成金を交付します。

交付申請方法

所定の交付申請書に次の必要書類を添えて、申請してください。

  • 解雇通知等、離職等にあったことが確認できる書類の写し
  • 雇用保険受給資格者証等、就職をしていないことが確認できる書類の写し
  • 賃貸借契約書の写し
  • 預金通帳や領収書等、家賃等の支払いをしたことが確認できる書類の写し
  • 振込先の預金通帳

交付決定後の届出

交付決定を受けた人で、次のいずれかに該当する時は速やかに届出してください。

  • 交付決定を受けた後に、家賃等を支払った時
  • 助成の対象となる世帯の要件に該当しなくなった時

お問い合わせ先

都市建設部 建築課
電話:0276-63-3111(代表)
お問い合わせフォーム