秋イメージ

現在の位置:ホーム > 組織別索引 > 都市建設部 > 都市整備課 > 木造住宅耐震改修事業

木造住宅耐震改修事業

大泉町では、地震に強い安全な街づくりを推進するため、住まいの耐震診断、耐震改修を行う人に助成を行っています。木造住宅耐震改修・耐震補強をされる人はご相談ください。

木造住宅耐震改修補助

対象となる木造住宅

大泉町木造住宅耐震診断者派遣事業による耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満の住宅

申込対象

次のすべてに該当する人

  • 対象となる木造住宅戸建住宅に居住している人
  • 町税の滞納がない人

募集戸数

2戸(定数になり次第締め切ります。)

補助額

耐震改修に要する設計費や工事費、工事監理費総額の3分の1(上限100万円)

募集期間

令和元年5月13日(月曜日)から令和元年9月30日(月曜日)まで
(土曜日、日曜日、祝日を除く。)
受付時間は、午前8時30分から午後5時15分まで

事前相談

まずは、大泉町役場都市整備課に事前相談をしてください。
電話にて日程調整をし、補助内容の説明を受けてください。

注意事項

耐震改修工事に着手する前に、必ず事業承認申請の手続きをしてください。
申請前に工事に着手した場合、補助金を交付できませんので注意してください。

手続きに必要な書類

申請場所

役場2階 都市建設部 都市整備課窓口

申し込みに必要な書類

  1. 耐震改修事業認定申請書
  2. 耐震改修事業認定概要書
  3. 町税の納税証明書または納税確認同意書
  4. 耐震改修工事設計図書(案内図、配置図、平面図、詳細図、現地の調査写真、その他関係資料)
  5. 耐震改修工事に係る部分に要する費用の見積書および数量算定書(設計、工事監理費および工事費)
  6. 対象木造住宅の改修前耐震診断報告書および耐震補強設計図書に基づく、精密診断法診断書または一般診断法診断書の写し
  7. 設計および工事監理を行う者の資格を証明する書類の写し(建築士、受講建築士証など)
  8. 建築確認通知書の写し(耐震改修工事により建築確認が必要な場合に限る)

耐震シェルター等設置支援

対象となる木造住宅

大泉町木造住宅耐震診断者派遣事業による耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満の住宅

申込対象

次のすべてに該当する人

  • 対象となる木造戸建住宅を町内に所有している人
  • 町税の滞納がない人

募集戸数

2戸(定数になり次第締め切ります。)

補助額

耐震シェルター等設置に要する費用の3分の2。
ただし、20万円を上限とします。高齢者(65歳以上)のみが居住する世帯または、障がい者等が居住する世帯は補助金の上限額に10万円を加算するものとします。

募集期間

令和元年5月13日(月曜日)から令和元年12月9日(月曜日)まで
(土曜日、日曜日、祝日を除く。)
受付時間は、午前8時30分から午後5時15分まで

事前相談

まずは、大泉町役場都市整備課に事前相談をしてください。
電話にて日程調整をし、補助内容の説明を受けてください。

注意事項

耐震シェルター等の設置前に、必ず事業承認の手続きをしてください。
申請前に工事等に着手した場合、補助金を交付できませんので注意してください。

手続きに必要な書類

申請場所

役場2階 都市建設部 都市整備課窓口

申し込みに必要な書類

木造住宅耐震シェルター等設置支援事業認定申請書

関連ファイルのダウンロード

様式などについては、都市整備課窓口で配布しているほか、次のファイルからダウンロードしてご利用いただけます。

木造住宅耐震改修補助

耐震シェルター等設置支援

耐震改修費補助の案内について、次のファイルよりご覧ください。

お問い合わせ先

都市建設部 都市整備課
電話:0276-63-3111(代表)
お問い合わせフォーム