秋イメージ

現在の位置:ホーム > 組織別索引 > 企画部 > 広報情報課 > ホットニュース一覧

ホットニュース一覧

更新日:2020年11月19日

令和2年7月から11月

放課後子ども教室

用意されたゲームを楽しむ児童たち 11月19日
南小学校で「放課後子ども教室」がスタートしました。南小学校では今回が初回のため、児童やスタッフの皆さんが自己紹介を行ったり、じゃんけんゲームなどを楽しんだりしました。この教室は、子どもたちが放課後を安全・安心に過ごし、さまざまな体験や交流活動を行うことができる環境づくりを目的として実施されているもので、先日開始された西小学校の放課後子ども教室とあわせ、地域の運営スタッフの皆さんのご協力により、町内全ての小学校で実施されています。

大泉歴史ウォーキング

古海原前1号古墳を出発する参加者 11月14日
大泉町ウォーキングマップのコースを歩き、町の歴史に親しむ「大泉歴史ウォーキング」が行われました。今回は、町の南部を東西に往復し、古墳時代から平安時代にかけて栄えた文化の魅力を楽しむ「『東国文化』探索コース」をまわりました。南朝の功臣「児島高徳」を祀る児島神社や5世紀末から6世紀初頭に築造された古海原前1号古墳など訪れ、参加者は身近な地域の歴史に触れながらウォーキングを楽しみました。

SNS等被害者支援ネットワーク会議を開催しました

会議の冒頭であいさつをする村山町長 11月5日
SNS等の被害者の現状や支援などについて、人権擁護委員や弁護士、警察署、ハローワーク、医療機関関係者などと意見交換を行い、被害者の状況に応じて、寄り添いながら支援に取り組むとともに、被害者にも加害者にもならないための啓発など、相互に連携、協力していくことを確認しました。

河川等状況監視システムの実証実験を開始

10月13日
千代田町、大泉町、群馬大学および太陽誘電株式会社の4者による河川等状況監視システムの実証実験説明会が千代田町で開催されました。両町で水害発生が懸念される箇所に水位計、小型カメラなどを設置し、水位や状況をパソコンやスマートフォンで閲覧できるようにする監視システムの実証実験を年度末まで行う予定です。

協定書を手にする村山町長 現地で説明を受ける村山町長

避難所体験

パーティションなどに入ってみる児童たち 10月12日
西小学校体育館で、4年生の児童が参加し避難所体験が実施されました。社会科の授業の一環として行われたもので、町内小中学校の校長先生も見学に訪れました。児童たちは、3日前に町が実施した避難所開設訓練で設置されたパーティションや段ボールベッドを使用したり、サーモグラフィーで検温をしたりしながら、災害時の避難所の様子を知ることができました。

外国籍住民に感染予防を啓発

感染予防のチラシを配布する様子 10月3日
大泉町国際交流協会や外国人ボランティアの皆さんが、外国籍住民が利用するスーパー等で新型コロナウイルス感染症の感染予防を呼びかけるチラシを配布しました。県内で外国籍住民の感染者が増加していることから実施したもので、3か国語(英語、ポルトガル語、スペイン語)のチラシを用意し、感染予防を啓発しました。

一市三町が覚書を締結

覚書を締結後、記念撮影に応じる村山町長 10月1日
太田市、千代田町、大泉町および邑楽町の一市三町が、太田市役所で「(仮称)太田市外三町広域斎場整備運営事業」の覚書を締結しました。今後は、広域連携により新たな斎場を整備し、令和7年度の供用を目指し協議を進めていきます。

100歳おめでとうございます

神長さんと記念撮影する村山町長 9月28日
100歳のお誕生日を迎えた神長トリさんをお祝いするため、村山町長がトリさんの自宅を訪問しました。いっしょに暮らしているご家族の皆さんが見守るなか、村山町長から慶祝状や記念品が手渡され、トリさんのうれしそうな表情が見られました。

100歳おめでとうございます

祝福される篠原さん 8月11日
100歳のお誕生日を迎えられた篠原富さんに、村山町長から慶祝状や記念品が手渡されました。施設から大きなケーキが用意されたほか、篠原さんの大好きな「うさぎとかめ」を村山町長をはじめ、施設の職員や施設を利用する皆さんでいっしょに歌いながら、みんなで篠原さんを祝福しました。

美化活動

役場周辺でごみ拾いをする皆さん 8月5日
役場周辺で館林たばこ販売協同組合の皆さんによる美化活動が行われました。毎年実施されているこの活動に参加した皆さんは、吸い殻などのごみを拾いながら、喫煙マナーの向上を呼びかけました。

町への寄付

8月4日
明治安田生命保険相互会社太田支社の皆さんが来庁し、新型コロナウイルス対策寄付金として21万4,100円を町に寄付していただきました。

目録を受け取る飯田副町長 感謝状を贈る飯田副町長

段ボールパーテーションの寄贈

目録を受領する飯田副町長 7月30日
群馬県建設業協会館林支部の皆さんが来所し、災害時の避難所などに使用できる段ボールパーテーション「KAMIKABE」を町に寄贈していただきました。

空間除菌機器を貸与しました

7月22日・27日
キーワーカーと呼ばれる、新型コロナウイルス感染症の感染リスクを伴う仕事に従事している人を支援するため、大泉警察署と大泉消防署・城之内出張所へ空間除菌機器を貸与しました。

大泉警察署 大泉消防署

マスクや消毒液などを寄付していただきました

寄付していただいた物品など 7月17日
SUBARU労働組合の皆さんが来庁し、マスク6,000枚、消毒液15リットル、使い捨て手袋1,500組を町に寄付していただきました。

一日警察署長

委嘱式であいさつする野口さん 7月10日
7月11日から実施される夏の県民交通安全運動の実施に伴い、野口ブルーナさんが一日警察署長を務めました。予定されていた街頭指導は、雨天のため中止となりましたが、委嘱式後、野口さんは母校である町立西小学校・西中学校を訪れ、交通安全を呼びかけました。

食料品などを寄付していただきました

目録を受け取る村山町長 7月2日
日本たばこ産業株式会社上信越支社群馬第二支店の皆さんが来庁し、財政調整基金として30万円、食料品(レーズンサンド600個、パックご飯240個、ラスク1,200個)を町に寄付していただきました。

過去のホットニュース

過去に掲載したホットニュースは、次からご覧いただくことができます。

お問い合わせ先

企画部 広報情報課
電話:0276-63-3111(代表)
お問い合わせフォーム