秋イメージ

現在の位置:ホーム > 組織別索引 > 総務部 > 総務課 > 固定資産評価審査委員会

固定資産評価審査委員会

固定資産課税台帳に登録された価格に関する不服を審査決定するために、地方税法の規定に基づき設置している執行機関(行政委員会)です。

審査の申出について

審査申出人

審査の申出をすることができる人は、固定資産税の納税者であって、その納付すべき当該年度の固定資産税に係る固定資産について固定資産課税台帳に登録された価格に対して不服のある人です。

留意点

  • 固定資産税の納税者以外の人は、利害関係人といえども審査申出人となることはできません。
  • 固定資産を共有している場合、共有者は単独で審査の申出をすることができます。
  • その他代理人、代表者などが審査の申出をすることもできます。(資格証明などの条件があります。)

審査申出事項

納付すべき当該年度の固定資産税に係る固定資産について固定資産課税台帳に登録された「価格」についてです。

留意点

  • 県知事又は総務大臣が決定し、又は修正した価格については、審査の申出をすることができません。
  • 基準年度以外の年度における価格に関する事項については、基本的に審査の申出はできません。

審査の申出期間

固定資産課税台帳に価格等を登録した旨の公示の日から、納税通知書の交付を受けた日後3か月までの間

固定資産評価審査委員会委員について

固定資産評価審査委員会委員は、議会の同意を得て町長が選任します。委員の定数は3人で任期は3年です。

  • 茂木 一夫(もてぎ かずお) 任期 平成31年3月10日から令和4年3月9日まで
  • 新井 尚雄(あらい ひさお) 任期 令和元年6月28日から令和4年6月27日まで
  • 坂本 幸江(さかもと ゆきえ) 任期 令和元年7月17日から令和4年7月16日まで

お問い合わせ先

総務部 総務課
電話:0276-63-3111(代表)
お問い合わせフォーム