秋イメージ

現在の位置:ホーム > 組織別索引 > 教育部 > こども課 > 11月は児童虐待防止推進月間です

11月は児童虐待防止推進月間です

更新日:2020年11月10日

11月は児童虐待防止推進月間です。児童虐待は、子どもの心身に大きな傷跡を残してしまうことや、最悪の場合には子どもの命が奪われてしまいます。深刻な社会問題になっている児童虐待は、社会全体で解決すべき問題です。
また、体罰がゆるされないものであることが法定化され、2020年4月1日から施行されました。

令和2年度の標語

189(いちはやく)知らせて守るこどもの未来

児童虐待の種類

身体的虐待

殴る、蹴る、叩く、激しく揺さぶる、火傷を負わせる、家の外に閉め出すなど

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィティの被写体にするなど

ネグレクト(養育放棄)

乳幼児を家に残して外出する、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かないなど

心理的虐待

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるうなど

「しつけ」のつもりでも、怒鳴ったり、叩いたりなどの、暴言・暴力を伴う行為は「虐待」です。

虐待を防ぐために

虐待を防ぐためには、早い段階での発見と対応が大切です。周囲に虐待を受けたと思われる子どもがいる場合には、ためらわず連絡してください。(連絡は匿名で行うことも可能です。)
また、子育てに悩み、虐待へと繋がってしまう場合もありますので、子育てや出産に悩んだ時には相談することも、虐待を防ぐ一つの方法です。

児童虐待の連絡先

  • 東部児童相談所(0276-57-6111)
  • 児童相談所全国共通ダイヤル(189)

お問い合わせ先

教育部 こども課
電話:0276-63-3111(代表)
お問い合わせフォーム