夏イメージ

現在の位置:ホーム > 組織別索引 > 教育部 > こども課 > 児童手当・特例給付の現況届のお知らせ

児童手当・特例給付の現況届のお知らせ

児童手当・特例給付の受給者は、毎年6月に「現況届」の提出が必要です。
現況届は、毎年6月に養育状況や所得の確認をして、手当を引き続き受給する要件があるかどうかを確認するためのものです。
現況届の通知は、5月下旬から6月上旬に送付します。現況届の提出がない場合、6月分以降の手当の支払いが受けられなくなりますので、6月中に手続きをしてください。
なお、次の児童手当現況届特設窓口設置期間につきましては、午後7時まで受け付けます。
6月以降の手当の受給者を判定するために、配偶者の所得状況も確認させていただきます。
なお、公務員(勤務先が国立大学法人、独立行政法人の人は除く)の人は、勤務先で手続をしてください。

また、現況届以外の児童手当の詳しい内容については、次の「児童手当」をご覧ください。

児童手当現況届通常窓口

受付期間

令和元年6月3日(月曜日)から令和元年6月28日(金曜日)(土曜日、日曜日を除く)

受付場所

大泉町役場3階こども課(窓口21番)

受付時間

午前8時30分から午後5時15分

児童手当現況届特設窓口

また、次の日時に受付時間を延長した特設窓口を設置します。

日時

令和元年6月7日(金曜日)、6月10日(月曜日)から6月13日(木曜日)午前9時~午後7時

場所

役場3階中会議室

持参するもの

必要なもの

  • 現況届用紙
  • 印鑑
  • 受給者(養育者)と配偶者の健康保険被保険者証の写し
    ただし、大泉町の国民健康保険に加入している人は必要ありません。

その他

  • 養育する児童が町外に住み受給者と別居している場合は、児童のマイナンバーがわかる物
  • その他、必要に応じて別途書類が必要になる場合があります。

所得制限

現況届で受給者の所得を審査し、所得制限限度額以上の場合は、特例給付として児童ひとりあたり一律5,000円の支給となります。

子育てワンストップサービス

マイナンバーカードをお持ちの人は、「子育てワンストップサービス」から申請できます。詳しくは、次の「マイナンバー制度の本格運用について」をご覧ください。

お問い合わせ先

教育部 こども課
電話:0276-63-3111(代表)
お問い合わせフォーム