冬イメージ

現在の位置:ホーム > 組織別索引 > 教育部 > 生涯学習課 > 大泉町指定文化財に関する手続き

大泉町指定文化財に関する手続き

町では、国または県より指定を受けた文化財を除き、大泉町区域内にある重要なものについては町指定文化財として保護および活用を図っています。
この町指定文化財に関する手続きは、大泉町文化財保護条例施行規則に基づいて行われるものであり、登録にあたっては、はじめに町教育委員会への申請が必要です。また、その解除や所有者の変更、現状変更などの場合にも手続きが必要となります。
ただし、登録については、事前に申請にふさわしいものであるか調査および協議する必要がありますので、まず、生涯学習課スポーツ文化振興係へご相談ください。

町指定文化財の指定申請

申請に必要な書類は次のとおりです。

  1. 指定同意書(様式1号)
  2. 指定申請書(様式2号)
  3. 申請対象となる物件の最近の写真
  4. その他参考となる資料または町教育委員会より請求のあった資料

注意事項

手続き上は、対象物件の申請後審査を行い、その可否を判断しますが、物件のすべてが申請できるということではありません。対象物件が申請にふさわしいものなのかを含めて事前に調査および協議を実施します。

関連ファイルのダウンロード

お問い合わせ先

教育部 生涯学習課
電話:0276-63-3111(代表)
お問い合わせフォーム