夏イメージ

現在の位置:ホーム > 組織別索引 > 住民経済部 > 国民健康保険課 > 福祉医療制度

福祉医療制度

医療機関などを受診したときの医療費(保険診療分)の自己負担額を町で負担する制度です。

申請により、受給資格者には「福祉医療費受給資格者証」が交付され、群馬県内の医療機関などで健康保険の被保険者証(保険証)と一緒に提示することで、自己負担額が無料になります。
群馬県外での受診は、一部負担金の支払後、申請により口座振込でお支払いします。(償還払い制度)

また、福祉医療制度は他法他制度優先としています。他の制度(日本スポーツ振興センターによる災害共済給付、社会保険の高額療養費や付加給付、自立支援医療など)で医療費が支給された部分については支給対象外です。

福祉医療費支給対象者

子ども(出生から中学3年生)

受給要件

出生から中学3年生の年度末(3月31日)まで

申請に必要なもの

  • 子どもの保険証
  • 印鑑
  • 被保険者の所得課税証明書、または市町村民税の課税・非課税がわかるもの(課税年度の1月1日に大泉町に住所のない人に限る)

重度心身障害者・高齢重度障害者

受給要件

  • 身体障害者手帳1・2・3級
  • 国民年金1級相当
  • 療育手帳A・B1・B2判定(B2判定は、18歳の誕生日の属する月の末日まで)
  • 特別児童扶養手当1級

後期高齢者医療制度に加入している人は、高齢重度障害者となります。

申請に必要なもの

  • 対象者の保険証
  • 印鑑
  • 受給要件を満たしていることが確認できる書類
  • 被保険者の所得課税証明書、または市町村民税の課税・非課税がわかるもの(課税年度の1月1日に大泉町に住所のない人に限る)

父子・母子家庭または父母のない児童

受給要件

  • 配偶者のいない男子・女子で、18歳未満の児童を扶養している人及び当該児童で、所得税額が5万円未満の人
  • 父母と死別をした18歳未満の児童で、所得税額が5万円未満の児童
    なお、配偶者には事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含みます。

申請に必要なもの

  • 対象者全員の保険証
  • 印鑑
  • 被保険者の所得課税証明書、または市町村民税の課税・非課税がわかるもの(課税年度の1月1日に大泉町に住所のない人に限る)
  • 所得税額の確認できるもの(課税年度の1月1日に大泉町に住所のない人に限る)
  • 戸籍謄本(大泉町に本籍のない人に限る)

子ども(中学校卒業から18歳の年度末)

受給要件

中学校卒業から18歳の年度末(3月31日)までで、次のすべての要件を満たす人

  • 父母などに扶養されている
  • 本人及びその父母などが市町村民税非課税
  • 婚姻したことがない

対象となる診療

入院医療費と食事代及び平成30年10月1日以降の通院医療費

ただし、保険外診療、他の制度から医療費が支給された部分は対象外です。

事前に福祉医療費受給資格者証交付申請をしてください。

福祉医療費受給資格者証の交付を受ける前の医療費の一部負担金の助成は受けられません。

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑
  • 市町村民税非課税証明書(課税年度の1月1日に大泉町に住所のない人に限る)
  • 戸籍謄本(大泉町に本籍のない人に限る)

償還払い制度(県外の医療機関等で受診した場合)について

申請に必要なもの

  • 福祉医療費支給申請書
  • 医療機関等の領収書
  • 印鑑
  • 医療を受けた人の保険証
  • 福祉医療費受給資格者証
  • 振込先の通帳
  • 他制度からの支払額のわかるもの(社会保険からの高額療養費支給決定通知など)

関連ファイルのダウンロード

注意点

保険外診療分についてはお返しできません。また、申請された場合には領収書をお預かりします。確定申告時の医療費控除には該当になりませんので、ご注意ください。

福祉医療費受給資格者証の再交付

福祉医療費受給資格者証を破損したときや紛失したときは再交付をしますので、次のものを持参して、国民健康保険課へお越しください。

申請に必要なもの

  • 福祉医療費受給資格者証再交付申請書
  • 印鑑
  • 身分を証明するもの
  • 福祉医療費受給資格者証(破損した場合)

関連ファイルのダウンロード

お問い合わせ先

住民経済部 国民健康保険課
電話:0276-63-3111(代表)
お問い合わせフォーム