冬イメージ

現在の位置:ホーム > 組織別索引 > 健康推進部 > 健康づくり課 > 不妊治療の費用を助成しています

不妊治療の費用を助成しています

町では、医療保険適用以外の治療法によって不妊治療をされた人に対して、治療費の一部を助成しています。

不妊治療費助成事業

対象者

  • 不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師に診断された法律上の夫婦
  • 夫又は妻のいずれか一方又は双方が大泉町の住民基本台帳に記載され、1年以上経過している法律上の夫婦
  • 町税の滞納のない世帯

助成内容

不妊治療に要する費用に対して、1年度当たり上限10万円(治療費の2分の1以内)、連続する5年度助成します。
ただし、他の公共団体(群馬県など)で助成を受けている場合は、治療費からその助成額を控除した額を対象費用とします。

対象治療

医師の診断を受けた不妊治療で、医療保険適用以外の検査費および治療費
なお、平成28年度の助成対象となる治療は、治療が終了した日が平成28年4月1日(金曜日)から平成29年3月31日(金曜日)の間の場合です。

必要書類

  1. 大泉町不妊治療費助成金交付申請書兼請求書(PDF版) PDFファイル (41KB)
    大泉町不妊治療費助成金交付申請書兼請求書(WORD版) ワードファイル (26KB)
  2. 町税等調査閲覧同意書(PDF版) PDFファイル (30KB)
    町税等調査閲覧同意書(WORD版) ワードファイル (10KB)
  3. 戸籍謄本
  4. 領収書
  5. 印鑑
  6. 他の公共団体助成を受けている場合は、その助成の額が確認できる書類

申請方法

必要書類を持参の上、健康づくり課へ直接申請してください。

申請受付時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで
ただし、祝日、年末年始は除きます。

申請期限

治療が終了した日の属する年度の末日(3月31日)まで。
平成28年度は、平成29年3月31日(金曜日)までです。
必要書類をそろえるのに時間を要することがありますので、お早めに準備をお願いします。

注意事項

  • 群馬県が実施している「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の利用を予定している人は、先に「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の申請をしてから大泉町の不妊治療費助成制度をご利用ください。
    「不妊に悩む方への特定治療支援事業」について詳しくは、次のページでご確認ください。

お問い合わせ先

健康推進部 健康づくり課
電話:0276-55-2632
お問い合わせフォーム