夏イメージ

現在の位置:ホーム > 組織別索引 > 健康福祉部 > 健康づくり課 > 麻しんに注意しましょう

麻しんに注意しましょう

平成30年3月末以降、沖縄県では麻しんの流行が起こっており、現在では関東近県でも麻しんの患者が報告されています。
正しい知識を身につけ、麻しんに気を付けましょう。

麻しんに注意

病気について

麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされる感染症です。感染力が極めて強く、空気感染で広まります。
感染すると潜伏期(10~12日間)の後、38度台の発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、39度以上の高熱と発しんが現れます。肺炎や脳炎などを合併して、重症化することもあります。

予防方法

麻しんの予防接種を受けましょう。手洗いやマスクでは感染を防ぐことはできません。
定期接種対象者(1歳児、小学校入学前1年間の幼児)は、麻しん風しん混合ワクチンの予防接種を早めに受けましょう。かかりつけの医師や、健康づくり課にご相談ください。
予防接種をしていない場合、人混みでの感染の危険性があります。予防接種を2回受けていない人、麻しんにかかったことがない人、どちらも不明の人は、予防接種についてご検討ください。
なお、麻しんを疑う症状が出た場合は、あらかじめ医療機関に連絡してから受診しましょう。

その他

麻しんについて詳しくは次のページでも確認できます。

お問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり課
電話:0276-62-2121(代表)
お問い合わせフォーム