夏イメージ

現在の位置:ホーム > 組織別索引 > 健康福祉部 > 健康づくり課 > 未熟児養育医療給付

未熟児養育医療給付

入院加療を必要とする未熟児(1歳未満)に対し、医療費の自己負担分について給付する制度です。

対象者

  • 入院加療を必要とする1歳未満児で、指定医療機関の医師が養育医療の対象と認めた乳児(ただし、病院は都道府県知事などが指定する「指定養育医療機関」に限ります。)
  • 町内在住児

給付の範囲

  1. 診察
  2. 薬剤又は治療材料の支給
  3. 医学的処置、手術およびその他の治療
  4. 病院又は診療所への収容
  5. 看護
  6. 移送

必要書類

マイナンバー制度の開始により、平成28年1月から、マイナンバーの提示および申請書等への記載が必要になります。

  1. 養育医療給付申請書
    保護者の人が必要事項を記入してください。
  2. 養育医療意見書
    医療を受ける指定養育医療病院などの主治医に記入してもらってください。
  3. 世帯調書
    生計を同じくしている家族全員について記入してください。(生計とは、衣食住にかかる費用、医療費などを指します。)
  4. マイナンバーがわかるもの(通知カードまたは個人番号カード)
    生計を同じくしている家族全員について必要です。
  5. 本人確認ができるもの(運転免許証等)
  6. 同一生計内の人の所得税額等確認する書類
    自己負担額の算定のため、扶養義務者のうち所得税が課せられている人全員の所得税額証明書(源泉徴収票、確定申告書等)を添付してください。
  7. 受療者の健康保険証および福祉医療費受給資格者証の写し
  8. 母子健康手帳
  9. 印鑑

申請方法

必要書類を持参の上、健康づくり課へ直接申込ください。申請後、給付の可否を判断し、承認された場合に「養育医療券」を申請者あてに交付しますので、医療機関へ提示してください。

その他

  • 給付については、所得に応じた自己負担額がありますが、福祉医療を適用しますので、実際の自己負担はありません。
  • 住所・氏名や健康保険証、医療機関の変更、受給者証の紛失などが生じた場合には、変更手続きが必要となります。

未熟児養育医療給付についてお問合せ

詳しくは、健康づくり課へお問合せください。
電話 0276-55-2632(部直通)

関連ファイルのダウンロード

お問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり課
電話:0276-62-2121(代表)
お問い合わせフォーム