秋イメージ

現在の位置:ホーム > 組織別索引 > 財務部 > 財政課 > 町有地の売却をします

町有地の売却をします

町が保有する財産を一般競争入札により売却します。
一般競争入札による売却とは、町が設定する最低売却価格以上でもっとも高い価格を入札された人に購入していただく方法です。
入札への参加を希望される場合には、次の「大泉町保有財産一般競争入札案内書」を確認の上、必要書類を提出してください。

売却する財産

一般競争入札によって売却する財産は、次の「物件概要」のとおりです。現地説明会は実施しませんので、各自で必ず現地を確認してください。
その他不明な点等につきましては、お問合せください。

物件概要

物件番号:町30-1

  • 財産の区分:土地
  • 所在地番:大泉町坂田七丁目1516番
  • 地目:宅地
  • 地積:627.18平方メートル
  • 最低売却価格:21,820,000円

実際の場所については、次の「位置図」でご確認ください。

物件番号:町30-2

  • 財産の区分:土地
  • 所在地番:大泉町北小泉三丁目1460番
  • 地目:宅地
  • 地積:290平方メートル
  • 最低売却価格:8,720,000円

実際の場所については、次の「位置図」でご確認ください。

入札参加の流れ

入札に参加するためには、事前の申し込みが必要です。
なお、2人以上の連名で参加することもできますが、受付後に申し込み者を変更することはできません。

入札に参加できる人

個人または法人で、入札の公告の日から開札の日までの期間にわたって次の「入札参加の要件」を満たす人とします。

  • 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項の規定に該当していないこと
  • 大泉町契約規則(平成18年大泉町規則第6号)第3条第1項の規定に基づく町の入札参加制限を受けていないこと
  • 大泉町建設工事請負業者等指名停止措置要綱(平成12年大泉町告示第19号)及び大泉町物品購入等業者指名停止等措置要綱(平成27年大泉町告示第9号)に基づく指名停止を受けていないこと
  • 会社更生法(平成14年法律第154号)又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づき手続き開始の申立てがなされていないこと(手続開始決定後に資格の再認定を受けた場合を除く)
  • 市区町村税を滞納していないこと
  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団および同法第2条第6号に規定する暴力団員でないこと
  • 大泉町の職員でないこと

申込方法

入札参加の申し込みをされる方は、受付期間内に受付場所へ必要書類を提出してください。

受付期間

平成30年6月11日(月曜日)~平成30年7月24日(火曜日)
ただし、土曜日、日曜日および祝日を除き、時間は午前9時から午後5時15分までとします。

受付場所

大泉町役場財務部財政課

必要書類

入札参加申込書および誓約書は、上記の様式に基づいて記入してください。
また、市区町村税の完納を証する証明書については、平成30年1月1日現在の住所地市区町村(法人の場合には本店所在市区町村)が発行するもので、発行後1か月以内のものとしてください。
なお、連名で申し込みをされる場合には、全員分の誓約書と市区町村税の完納を証する証明書が必要です。

提出方法

直接持参していただくか、記録郵便による郵送により提出してください。
なお、記録郵便で提出する場合は、平成30年7月23日(月曜日)必着でお願いします。
書類を受領した後に、受付印を押印した入札参加申込書兼受付書の写しをお渡しします。入札の際に必要となりますので、大切に保管をお願いします。

入札および開札

入札日時

入札は、平成30年7月27日(金曜日)の午前10時から、役場3階第1小会議室にて行います。
午前9時30分から入札開始時刻までに会場で受付を済まてください。

入札方法

所定の入札書様式に入札金額を記入し、封かんした上で直接提出していただく方法により行います。

入札に必要なもの

本人(法人の場合は代表権のある人)が参加する場合

  • 入札参加申込書兼受付書の写し
  • 入札書
  • 入札用封筒
  • 本人の印鑑(入札参加申込書兼受付書に押印したものと同じもの)
  • 身分証明書(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)

代理人(法人の場合は代表権のない人)が参加する場合

本人が参加する場合に必要な書類に加えて、代理人の印艦と、次の様式による委任状が必要です。
委任する人の押印は、入札参加申込書兼受付書に押したものと同じものでなければなりません。
また、入札書への押印は、委任された人が委任状に押したものと同じものでなければなりません。
連名で申し込みをされた場合には、委任する人全員分の委任状が必要です。

開札

入札終了後、直ちに開札を行います。

落札者の決定

落札者は次の方法によって決定し、その場で氏名(法人の場合はその名称)および落札金額をお知らせします。

  1. 有効な入札をされた人のうち、入札書に記載された金額が最低売却価格以上かつ最高の価格で入札された人を落札者とします。
  2. 1に該当する人が2人以上いる場合は、直ちにくじによって落札者を決定します。この場合、入札者はくじを辞退することはできません。
  3. くじは2回行います。はじめに申し込み受付順によりくじを引く順番を決めるくじを引き、次にその結果により落札者を決めるくじを引きます。

注意事項

  • 物件によっては、入札中止となる場合もありますので、あらかじめご承認ください。
  • 大泉町保有財産一般競争入札案内書に定めのない事項につきましては、地方自治法、同法施行令、その他関連法令の定めるところによります。
  • 入札のために提出された書類に記載された個人情報は、入札事務のみに使用し、その他の目的には一切使用しません。ただし、参加資格の確認のため、警察当局へ情報提供する場合があります。

お問い合わせ先

財務部 財政課
電話:0276-63-3111(代表)
お問い合わせフォーム