秋イメージ

現在の位置:ホーム > 組織別索引 > 総務部 > 安全安心課 > ドライブレコーダーの設置費を補助します

ドライブレコーダーの設置費を補助します

町では、町民の安全運転意識の向上および交通事故の減少並びに犯罪の抑止を図るため、ドライブレコーダーを自動車に設置した方に対して、設置費用の一部を補助します。

ドライブレコーダー設置費補助制度

補助対象者

  • 自動車運転免許証を保有している人
  • 町内に住所を有しかつ町税を滞納していない人

対象となるドライブレコーダー

  • エンジンをかけると自動的に録画を開始する常時録画機能を有すること
  • 有効画素数が200万画素以上であること
  • 常時録画を行った場合に4時間以上記録(メモリーカード等への保存期間を含む。)することができること
  • 記録データをパソコン等を用いて再生することができること
  • 単体または複数のカメラで車両の前後を撮影することができること
  • 自家用かつ乗用の用途に供する自動車であって、補助対象者が自ら使用するもの(自動車検査証に記載されている使用者が補助対象者であるものに限る。)に設置されたものであること
  • 自動車検査証に記載されている使用の本拠の位置が町内であること

補助額

補助対象経費の2分の1(上限5,000円)
補助金の交付は補助対象者1人につき1回限りです。

予算が無くなり次第、受付を終了いたします。

補助対象経費

補助金の対象となる経費は平成31年4月1日以降のドライブレコーダーの購入および設置に要する経費です。

現在の受付状況

  • 10月17日現在の申請者数:135名
  • 予算残額:333,800円

補助金交付の流れ

補助制度について、注意事項がございますので、事前に安全安心課窓口へお越しいただくか、お電話にてお問い合わせください。

交付申請

ドライブレコーダーを購入・設置し、次の書類を揃えて安全安心課の窓口へ申請してください。

  1. 交付申請書
  2. 自動車運転免許証の写し
  3. 自動車検査証の写し
  4. ドライブレコーダーの購入および設置に要した経費の領収書の写し
  5. ドライブレコーダーの概要がわかる書類の写し
  6. 設置したドライブレコーダーそれぞれについて装着状況がわかる写真
    (車両外部から前後のナンバープレートおよびドライブレコーダーを撮影したもの並びに車両内部から前後のドライブレコーダーの設置状況がわかるように撮影したもの)
  7. 住民票の写し
  8. 補助対象者に町税等の滞納がないことを証明する書類または町税等調査閲覧同意書

交付決定

申請内容を審査し、補助金を交付することが決定したときは、補助金交付決定通知書により申請者に通知します。

支払請求

補助金交付決定通知書を受領した人は、「大泉町ドライブレコーダー設置費補助金支払請求書」を持参して、安全安心課の窓口へ申請してください。
通帳またはキャッシュカードを持参してください。口座名義人と口座番号を確認させていただきます。
補助金の交付を受けたドライブレコーダーは1年以上使用してください。

関連ファイルのダウンロード

お問い合わせ先

総務部 安全安心課
電話:0276-63-3111(代表)
お問い合わせフォーム