夏イメージ

現在の位置:ホーム > 組織別索引 > 総務部 > 安全安心課 > 感震ブレーカー等設置費補助金

感震ブレーカー等設置費補助金

町では、大規模地震時における電気に起因する住宅からの出火を防止するため、感震ブレーカー等を新たに購入し居住する住宅に設置した人に、補助金を交付します。

感震ブレーカーとは

地震発生時に揺れを感知し、自動的に電気の供給を遮断する器具です。各家庭で設置することで、地震による電気火災を防止し、被害を軽減することが期待されます。

補助対象

  • 町内に住所があり、自ら居住する住宅に感震ブレーカー等を設置する人
  • 町内に自ら居住するための住宅を新築、購入するにあたり、当該住宅に感震ブレーカー等を設置する人

補助金は、町税などの滞納者に対する行政サービスの制限の対象となっています。申請時に滞納があると受付できませんので、ご注意ください。

対象となる感震ブレーカー等

分電盤タイプ

分電盤に内蔵されたセンサーが揺れを感知し、ブレーカーを落として電気を遮断するもので、一般社団法人日本配線システム工業会の感震機能付住宅用分電盤(JWDS0007付2)の規格で定める構造および機能を有するもの。

簡易タイプ

ばねの作動や重りの落下によりブレーカーを落として電気を遮断するもので、感震ブレーカー等の性能評価ガイドラインに定める性能評価に基づき、一般社団法人日本消防設備安全センターの認証を有するもの。

コンセントタイプ

コンセントに内蔵されたセンサーが揺れを感知し、当該コンセントからの電気を遮断するもので、感震ブレーカー等の性能評価ガイドラインに定める性能評価に基づき、一般社団法人日本消防設備安全センターの認証を有するもの。

補助金額

分電盤タイプ

設置および購入費の2分の1で、上限額4万円

簡易タイプ

設置および購入費の2分の1で、上限額2千円

コンセントタイプ

設置および購入費の2分の1で、1基につき上限1万円で、一世帯につき上限額4万円

補助金交付の流れ

交付申請

設置購入前に、次の書類を揃えて安全安心課の窓口で申請してください。

  1. 大泉町感震ブレーカー等設置費補助金交付申請書
  2. 設置しようとする感震ブレーカー等の概要がわかる書類
  3. 町税等調査閲覧同意書(住民票の写しおよび納税証明書でも可)
  4. その他参考となる資料(見積書など)

ただし、町外に住所がある人で、町内に自ら居住するための住宅を新築、購入するにあたり、当該住宅に感震ブレーカー等を設置する人は、町税等調査閲覧同意書(住民票の写しおよび納税証明書でも可)を、実績報告のときに提出してください。

交付決定

申請内容を審査し、補助金を交付することが決定したときは、補助金交付決定通知書により申請者に通知します。

実績報告

補助金交付決定を受けた人は、感震ブレーカー等の設置が完了したときは、次の書類を揃えて実績報告をしてください。

  1. 大泉町感震ブレーカー等設置費補助金実績報告書
  2. 感震ブレーカー等の設置に要した経費の領収書
  3. 感震ブレーカー等の設置前と設置後の写真
  4. その他参考となる資料
  5. 補助金の振込先がわかる書類(申請者本人のもの)

補助金額の決定、補助金の交付

実績報告の内容を審査し、適当と認めるときは補助金の額を確定し、補助金額確定通知書により申請者に通知し、補助金を交付します。

関連ファイルのダウンロード

お問い合わせ先

総務部 安全安心課
電話:0276-63-3111(代表)
お問い合わせフォーム